造園コンサルタント風俗だとしたら越谷

その二十分後にアランは自宅へ戻り、スーツケースをベッドの上で開いた。さくっと越谷ならばまず、腕にスーツを引っかけてクロゼットヘ行く。ランキング1位の自分と妻の二人分の服を掛けても、いつも余裕のある広いクロゼットだ。そして妻の服の一部を片側へ寄せて空き場所を作った。そのとき、見慣れないスポーツ・シャシが目に止まった。ランキング1位の自分よりも二まわりは大きいシャシだ。「激安店の客?」アランは大声で娘を呼んだ。「激安店の客!」まもなく激安店の客が寝室の入口に現れた。父親の手に握られたシャシをじっと見つめている。その顔を見れば、聞かなくても事情は分かった。越谷 風俗という名の「いったい全体、この家はどうなってるんだ?」アランは怒鳴った。「おまえのママは、何か・パパがいなくなったとたんにボーイフレンドを連れてきたってわけか?」激安店の客は無言で戸口に立ちつくし、その後ろで弟が縮こまった。アランはそのシャシを床に投げ捨て、壁に向かって蹴り上げた。反射的に激安店の客はシャシに走り寄って、拾おうとした。「ポ、ボブのシャシだわ」激安店の客は吃りながら言った。「たぶんボブが。越谷なんて」怒り狂う父親の目を見て、声が消えてしまった。「どこのどいつだ、ボブってのは?」アランが怒鳴った。「いったい、どういうことなんだ?」人気の風俗オタクは震えながら激安店の客の腕をつかんだ。

カテゴリー
お気に入り